24mhz アンテナ 自作 17

| アンテナの全長は15mくらい。このくらいだと設置も楽だった。 « 2019 QRPコンテスト |   C (pF)    146   300 地上高を2mで計算しましたので、給電インピーダンスはかなり低い値になっています。  $R_{ 1 }$ をアンテナインピーダンス プラスチックのまな板に取り付け、マストに固定するようにしています。 18MHzも24MHzも、調整後のVSWRはバンド内全域でほぼ1.0です。, 受信も強く入感するようになったと感じます。 となるのでないでしょうか。, 密着平行2線の特性インピーダンスが50Ωに近い値でしたので、 サイド方向が切れないのは不問とします。   f (MHz)    8   21   50 無線(コンテスト) 殆ど無いのではと考えられます。, このように、2線間のインピーダンスに対し、並列に別の特性インピーダンスが 第3ディレクタに2X209AのD6/D7(無色)を使うことで、割と良い結果が得られました。, サイドローブが大きく出ていますが、アンテナの向きをほぼ固定で使いますので、 ベランダの手すりに設置するので、実際もこれくらいの値になると思います。, いよいよアンテナの製作です。 そうすると、伝送線路の短縮率というのも考慮する必要が出てくると思います。 \\X_{L}=\frac{50}{1.225}=40.84(\Omega)$$となります。. コメント (0) トラックバック (0), 前から気になっていましたが、トロイダルコアに巻く撚り線(伝送線路)の それを利用してアンテナを張った。 7mhzのswr。7.096mhzで1.06。良い感じ。 18mhzのswr。バンドの下側にswr最低点があるので、後日もうちょっとエレメントを短くする予定。(このままでも十分使えそうだけどね) 7mhz/18mhzデュアル・ダイポール・アンテナの主な材料 | そのときは、アンテナインピーダンス $20\Omega$ を給電インピーダンス $50\Omega$に変換するものでした。, このハイパス型 L マッチを、 M字型に折り曲げたエレメントの長さを確認するのと、  ヘアピンスタブの線材の直径を $d(mm)$ 各接続部分はガッチリはんだ付け, 以上で調整して、現在も使用中。7MHzは全長15mくらいに短縮してあるけれど、国内はもちろん、海外とも、まぁまぁな感じ。, さて、外と無線室は同軸ケーブルを1本しか通してない。今度は、同軸ケーブル切り替え機を作らなきゃ。(ローテーター制御用ケーブルとして20芯のケーブルを通してある。このうち7芯はローテーターで使用中。残り13芯分は未使用なので、これをアンテナ切替器の制御に使う予定), 2020年1月に無線を再開。無線を中断して約16年後の2004年10月、ピコ21+自作リニアで再割り当てのJA1WIOを取得。その後16年間コールサインは維持していたけれど、このコールサインでの交信数は1桁。2020年1月2日、約1年間の準備期間を経て無線を再開。DXCCはゼロからスタート。本人はカムバック組のつもり。メインはHF。超初心者。, 土曜日。WWコンテスト(Phone)をやってたけど、アンテナ切替器のコントローラーを作った。 まぁ、8チャンネル分のプラス電源を供給できるような箱なら何でも良いわけだけれど。。。 結構前に使っていたパソコンのモニター切替…, 土曜日、コンディションが良かった。 雨だったので、屋外でのアンテナ工作/作業はできないので、無線をしていた。 10MHzのFT8でZD7MY St.Helena Is.と交信できた。73をもらうまで苦労した。 Newエン…, 前半は、雨が降らなかった2日間だけアンテナ工事をした。一応あがったけど、未解決事項があって、まだ電波を出せない。しかも、同居しているトライバンダーや50MHzの八木を現時点では回せない(同軸ケーブルが引っかかってる&ちょ…, LoTWをチェックしたら、8J1RL南極昭和基地がLoTWにアップしてくれていた。やったー! コンファーム1アップ!! ありがとうございます!!! でもまだ154。。。がんばります。 (※タイトルの写真はQRZ.COMの…, ミラクルじゃないかな。4日連続エンティティアップなんてしたこと無いよ、私。 (まだカウントが153なので、余裕で伸びしろあるかも?ってことかな? この後がこわいわ~) 今朝1アップしてたのは、今年6月にQSOした8Q7P…, ZD7MY St.Helena Is. 平衡度はより良いものになっていそうです。, バランを実用とするには、もう少し詰めが必要かと思いますので、 追々コンテストなどで感触が掴めるのではないかと思います。, 日付 2017年3月19日 (日) 無線(アンテナ) | 固定リンク | 3バンドのワークうまく動作すると楽しめますよ。今の時期はやはり10MHzですかね。最近はFT8も結構多いので楽しめると思いますよ。国内のCWは10.121あたりから10.129あたりが多いですかね。移動運用局はその中でも中心辺りが多いような?10.126あたり?, CDGさん、こんばんは。 ただ、以前の5エレ八木と比べて良くなったかというと、さほど実感はできませんでした。  $R_{ 2 }$ を給電インピーダンス コメント (0) コメント (0), トロイダル・コア活用百科にも記載がありますが、ハイパス型だと、 | 上手く行くと書いていましたが、中々上手く密着させることができません。  ヘアピンスタブの間隔を$D(mm)$   C (pF)    109   169 高校1年の数学レベルで解けます。 トップページ エレメント長が片側1.5m程度の短縮アンテナなので、 | 2019 CQ WW DX CWコンテスト », 今まで常設では、無かったバンドのアンテナを手に入れると、これは楽しい。今年の正月は、ステルスアンテナだが、144MHz、430MHzのアンテナを手に入れた。ラグチューも出来るし、CWもできる。最近では、3.5MHzの超々短縮アンテナを手に入れた。FT-8だがDXともできた。, 調子に乗って、WARCバンド用のトライバンドアンテナを設置することにした。色々検索するとサガ電子で10MHzエレメントの途中に24MHzのトラップを入れて、18MHzはダブルダイポールアンテナにする製品が見つかった。製品化されているので、この周波数関係ならばうまく実現できるのだろう。, 以前、21と28MHzのダブルダイポールアンテナを作ったが、見事に失敗であった。周波数関係が、ちょうど2倍になっていると上手くいくのだが、それ以外は微妙にインピーダンスが低いらしく、他の周波数に影響を与える。3.5、7、14MHzのダブルダイポールアンテナはうまく動作する。それぞれ2、4倍の周波数関係にあるからだ。, 昨日は定例の秋葉原懇親会であったが、帰ってきてから夜な夜な、トラップコイルを巻き始める。どの程度のインダクタンスが良いかわからないが、抱き合わせるコンデンサー容量値を10pFをめどにして見た。実際にはコンデンサーにした同軸の長さが8cmだったので8pF程度で共振した。もっとも、ストレー容量もあろうから、インダクタンスの方は大かた狙った通りに仕上がっているかもしれない。, サガ電子の製品よりも、10MHzエレメント長が1mも長くなってしまった。製品はもっとトラップのインダクタンスを大きく取っているのだろうか。まあ、寸法が違うが、nanoVNAを使えば簡単に追い込める。サガ電子の取説には、中心の角度をもっと大きくして、18MHzのエレメントも離す必要がありそうだ。スペーサーで15cmの間隔にしてあるが、ステルスアンテナ?だから制約が大きい。理想的に張ることができればもう少しSWRを下げることができるかもしれない。今日は、日没、時間切れだ。, 相変わらず、ステルスっぽい設置だが、ルーフタワーのステーに沿った形になっている。エレメント間の角度が狭くて、上のトライバンダーに押さえつけられているような格好だから、効率の方は良さそうには見えない。とにかく、何となく共振しているだけのアンテナと言うことで我慢するしかない。, バンドを聞いて見たが、何も聞こえない。以前、18MHzは出ていたことがあったが、10MHzと24MHzは初めてになる。バンドの周波数を覚えないとオフバンドしそうだ。メモっておくか。少しバンドを聞いて見よう、様子がわかるだろう。, 投稿日時 2019/11/10 18:25 アンテナ | 固定リンク は減ることになります。   z (Ω)   54.96 52.88 51.53, 3D2Vのキャパシタンスは、1mあたり約100pFですので、 8MHzや21MHzではキャパシタンスもそこそこ妥当な値が出ている思います。, 同軸ケーブルが短いこともあり多少の誤差はありますが、 | アンテナが固定なのでビーコンの強さの変化をチェックしました。 e i:0 10 20 30 40 50 56 50 40 30 20 10 0 s :0 0 2 2 4 6 9+ 9 9 8 5 2 0 と言う結果です。アンテナは少し北に傾斜しています。 と見立てると、ヘアピンマッチと同じ形になるので、計算式に当てはめて算出することができます。, $R_{ 1 }=20(\Omega)$, $R_{ 2 }=50(\Omega)$ 今回も2X209Aのエレメントをそのまま流用するので、エレメント長は変えずに、エレメント間隔だけで調整します。 ただ、HFV-5改よりはマシになっていると思います。, 日付 2017年5月21日 (日) 無線(アンテナ) | 固定リンク トラックバック (0), 三年近く144MHzの5エレ八木を使ってきました。 同軸を巻いたものより半分以下のレベルになっており、 目標の給電点のインピーダンスは、これまで作ってきた6エレ八木や5エレ八木と同じ、約26Ωとしました。, 色々試してみて、第1ディレクタに2X209AのD2(赤)を、第2ディレクタに2X209AのD3(橙)を、 穴開け加工箇所が少なかったので、あっという間に作業は終了しました。   C (pF)    50   63 | 50Ωから離れていきます。 であれば、捩らなければ上手く行くのではという訳で、  $C$ をアンテナの容量性リアクタンス (共振長より短い状態) 自作のアンテナ製作に挑戦しませんか。 ... 10:00~17:00 (9:30より受付) ... (エレメント長を変えることで24mhz、28mhzに改造できます。) 手持ちのSWR計では、反射電力の針が殆ど振れません。, 飛びを試そうと、SSBで電波を出して何局かの方とQSOをしました。 加わるようになるのでは無いでしょうか。, 単純に考えると、2線間の特性インピーダンスをzとすれば、 かなりましなものです。, バランの負荷として付けた抵抗の中点を波形を見てみると、 オリンパス用リモコン('12/12/17 ... アンテナ作り[2] 21MHz スクエアロ.   z (Ω)   31.17 27.69, f (MHz)   21   50 短縮率を仮に0.4とすれば、巻線長は1/8λとなります。 (下述のように、きつく捩ると別ですが) しかし、これまで作ってきたポリエステル銅線やポリウレタン銅線を巻いたバランの中では、  波長を $\lambda(m)$ インピーダンスマッチングとしてヘアピンスタブを付けています。, エレメントの先端側は、細い塩ビパイプ(VP13)に固定して、約1.5m突き出しています。   L (µH)  0.091 0.110 そうだとすると、銅線の被覆材の厚みや誘電率も影響してくるはずです., f (MHz)   21   50 それぞれの線同士が「線」ではなく「面」で接触しているのではないでしょうか。, このような状態では、線間に形成されるコンデンサのキャパシタンスは増え、 24MHz 10m+αで. 3本目の線も添えてみましたが、ほぼ同等の結果になりました。, にわかに信じられないので、51Ωの抵抗をこの平行三線(のうち隣り合う二線)を通して 圧着端子、ネジ(ダイソー) 仕方が無いので、ポリエステル銅線3本をマスキングテープでグルグル巻きにして固定し、 $$Z_{O}=277\log_{10}{\frac{2\times30}{2}}=277\log_{10}{30}\approx409.16(\Omega)$$となります。, ここで、長さ$l(m)$の平行二線式伝送線路の先に$Z_{Load}$のインピーダンスが接続されているとき、 と6Y5EH Jamaica ゲット!  &アンテナ切替器, J-Cluster (the Web Cluster exclusive for JCC & JCG).             Ga(dB)  F/B(dB)  Elev(°)  500mlドリンクボトル 1個(ダイソー) そこから約1.8mほど折り返すことになります。, V字部分のエレメントは18MHzと同じく2.5mで、折り返し部分は約0.5mとなります。, ダイポールなので、指向性パターンはこんなもんでしょう。 | 8MHzでは、インダクタンスが低すぎて測定できませんでした。, f (MHz)   21   50 黒線部分が被覆材のポリエステルやポリウレタンなどです。 フロントゲインはほとんど変わっていないので、仕方ないことかもしれません。  最初計算が合わずに、はまってしまいました。, 短縮率を 0.975 として掛けると、0.255m = 25.5cm となり、以前とほぼ等しい値が求まりました。, 以上の式をまとめると、こんな風になるのかな。 | | 今回作製のものは採用せず、実験のみに留めることとしました。, 日付 2017年2月19日 (日) 無線(アンテナ) | 固定リンク   L (µH)  0.103 0.128 虚数の計算と恒等式が解っていれば、計算自体はそんなに難しいものではありません。, ここで、以前にヘアピンマッチの設計をしたことを思い出しました。 当たり前のことでしょうが... 次に、ヘアピンスタブの特性インピーダンスを求めます。 トラックバック (0), 誤解があってはいけませんので、最初にお断りしておきます。下記記事は、強制バラン単体の VSWR を 1.0 にすることが目的であり、アンテナの VSWR を改善しようというものでは有りません。, 理想の 1 : 1 強制バラン (50 Ω 不平衡 ⇔ 50 Ω 平衡 の変換) を追求しようというものです。, 最近また50MHz用の強制バランをいろいろ試してみましたが、ようやくまともな物を作ることができました。, 改訂新版[定本]トロイダル・コア活用百科に、50MHz用のバランにはフェライトコアの損失係数tanδが低い#67材が適していると書かれています。予備でもう一つFT-114-67のフェライトコアを持っていましたので、これを使うことにしました。FT-140-67が手に入るのであれば、こちらの方がベターだと思います。, フェライトコアにトリファイラ巻きする線についての考察は、 バラン用巻線の特性インピーダンスを測定と バラン用巻線の特性インピーダンス測定結果から考察 で行っています。結論としては、ポリウレタン銅線(UEW)またはポリエステル銅線(PEW)を撚らずに平行に並べた3線にすると伝送線路としての特性インピーダンスが50Ωに近くなるので、良好な結果が得られるということです。, ポイントは、線同士を軽く密着させた状態を保つということです。線間に隙間ができると、特性インピーダンスが上がってしまいます。 色々考えましたが、1mm ポリウレタン銅線を平行に並べた3線をマスキングテープでグルグル巻きにして、線同士を密着させた状態を維持させることにしました。, 平行3線の長さは、少し長めで35cmのものを準備しました。平行3線へテープを巻く前に、ポリウレタン銅線を直線にする必要があります。万力で銅線の片側を鋏み、軽く手で扱いた後にペンチで強く引っ張ってやります。太い線ではなかなか力が要りますが、1mmの銅線ぐらいでしたら割ときれいな「直線」ができます。これを曲げないように注意して3本を綺麗に並べ、ピタッと密着させながらテープを巻いていきます。, 本来、グルグル巻きにするテープは薄くて柔軟性があり、かつ丈夫で耐湿性のあるものがベターです。吸湿すると、水分で比誘電率が変わり、特性インピーダンスに影響を与えてしまう可能性があるからです。マスキングテープは紙製なのであまりよろしくないですが、良いテープが手に入らなかったので、仕方なく我慢することにしました。, なお、巻き線に同軸ケーブルを使った強制バランは、過去の記事 50MHz用強制バランの製作 にて記載しています。, マスキングテープをグルグル巻きにした平行3線を、FT-114-67へ捩れないよう丁寧に巻いていきます。, 最初は改訂新版[定本]トロイダル・コア活用百科に書かれているとおり8回巻きで作ってみましたが、50MHz専用であれば7回巻でも充分であろうと考え、後で一巻き解きました。 FT-114-67のAL値は25なので、  7回巻き:L=1.225μH ⇒ 50MHzでのリアクタンス=384.8Ω  8回巻き:L=1.600μH ⇒ 50MHzでのリアクタンス=502.7Ω リアクタンスは、50Ωの5倍以上すなわち250Ω以上が必要。 巻線長は短い方が良い。  ⇒巻数は7回でも充分という結論, 強制バランのVSWRを良くするための重要なポイントは、大きな差動信号が通るメインパス(図の①と③)を、平行3線のうち必ず隣り合う線として使用する ということです。, すなわち、①と③で形成される伝送線路の特性インピーダンスを50Ωに近づけることにより、強制バランのVSWRを良くすることができます。, あと、不平衡端(同軸コネクタ側)の処理は、なるべく短い配線にする必要があります。また平衡端(アンテナ側)で①と②を接続する箇所も、フェライトコアに巻き終わった位置から近いところにした方が良いと思います。残りの配線は、アンテナエレメントの一部として動作します。, 仮組み立てした強制バランの出力端に、51Ωの金属被膜抵抗を接続し、アンテナアナライザでVSWRを測定してみました。, アンテナアナライザで純抵抗値 R を見ると、巻線の特性インピーダンスの状態が大体予想できます。, Rが50Ωより大きく表示されていたら、巻線の特性インピーダンスが50Ωより大きくなっているはずで、恐らく平行3線の線間に隙間ができているものと予想されます。逆にRが50Ωより小さく表示されていたら、巻線の特性インピーダンスが50Ωより小さくなっているはずで、撚り線ぽくなっているとか、線間に容量が付き過ぎているような状態になっていると予想されます。, (7〜8回巻きだと巻線長は30cm弱なので、短縮率を考えてもλ/4以上にはならず、見かけのインピーダンスはひっくり返っていないはずです), オシロスコープで、出力の波形振幅を確認してみました。写真は、平衡側の+端およびー端の波形です。オシロスコープのトリガーの関係で、同相になっているように見えますが、ちゃんと+端とー端とで位相反転していることは確認済みです。, 改訂新版[定本]トロイダル・コア活用百科 377ページの「バランの平衡度計 (1)」にある計算方法で、 $$\frac{123.0-120.2}{123.0+120.2}\times100=1.15\%$$すなわち、アイソレーションは、 $$20\log\frac{123.0+120.2}{123.0-120.2}=38.8dB$$, これは、改訂新版[定本]トロイダル・コア活用百科 371ページの[図9.15]を参考にすると、まずまずの結果ではないかと思います。, 作ったバランをケースに収め、早速50MHzの2エレVビームアンテナに接続しました。VSWRも変化することなく、特に問題なく動作しています。, 以前同軸ケーブル 2.5D2Vを巻いた強制バランを作りましたが、それと特性的にはあまり変わらないのではないかと思います。しかし、巻線に使った銅線を太くすることができますので、「銅損」による発熱が抑えられ、耐電力の向上が図れたと思います。一応、50MHz用強制バランはこれで完成ということで、一段落です。, HFハイバンド(21MHz以上程度)においても、強制バランの巻線を撚り線ではなく平行3線とすることは、VSWR下げるために必要ではないかと思います。, 日付 2017年3月12日 (日) 無線(アンテナ) | 固定リンク 2線の接触部分において、線状のコンデンサが形成されているので、   z (Ω)   29.05 25.04, f (MHz)   21   50 ポリエステル銅線を平行に密着させたものを測ってみました。 コメット5バンドhfダイポールアンテナchv-5からクリエート730v-2aにグレードupして18mhz帯にqrvできなくなってしまったので、chv-5のバランに亀裂が入り去年交換した時に外した物を補修して18mhz逆vアンテナを自作しました。 415cm—-トラップコイル5cm—-361cm—-バラン(給電部)—-361cm—-トラップコイル5cm—-415cm, シミュレーターMMANAで設計した値より7MHzのエレメントが短くなった。実際に作った時にトラップコイルの巻数が設計よりも多くなったのが原因かな? 大丈夫そうです。, ただ、密着具合がちょっと変わると、インピーダンスが変わる(上がる)ので、 バラン (コメット), エレメントの構成 コメント (11) \\X_{C}=20\times1.225=24.48(\Omega) で求められる値よりは低くなっており、たまたま50Ωぐらいになっていたと思われます。, 2線を撚った場合も、上記とあまり変わらないのではないかと思います。 ※当初はアルミ線を使っていましたが、その後、被覆線に変更しました。 2X209A改造5エレ 11.01   18.14    9.6 最近はハイバンドはダメみたいで、10MHzが期待大です。モノバンドのダイポールにしようと思ったのですが、せっかく上げるならばと、24MHzまで入れてみました。今日はまだQSOに至っていませんが、楽しみです。.  Excel での計算では問題ないですが、電卓だと degree で算出されることもあるので注意 インダクタンスとキャパシタンスの測定は、アンテナアナライザを用いました。, まずは、測定系や測定方法の妥当性を検証するため、既知のインピーダンスを ポリエステルとのポリウレタンの比誘電率εsは、それぞれ2.8~8.1、5.0~5.3 マスキングテープを剥いたとき、密着具合が少し変わったかもしれないのと、 無線(リグ・周辺機器) この $Z_{In}$が、上記で求めた $X_{L}$ です。 仮止めとして、所々マスキングテープで固定しました。, f (MHz)   21   50 無線(PCソフト) 大まかな傾向は掴めると思いますので、取りあえず今回はこれで良しとします。, さて、3本撚り線を測っていきます。 アンテナ自体が建物に近く、給電インピーダンスが約10Ω程度と低いので、 被覆材を介して、2線が線(断面で見ると点)で接しています。 「アンテナ側にX=-25Ωの容量性リアクタンスを付けておき(エレメントを | 8MHz、21MHz、50MHzの3条件で測定しました。 巻線の特性インピーダンスが50Ωからかけ離れていると、 日記・コラム・つぶやき 今日は快晴。風もおだやか。朝から7/18MHzデュアル・ダイポール・アンテナの調整と設置工事をした。, 作業手順 自分の備忘録として書き留めておくことにします。, まず平行2線ですが、ポリエステル銅線で密着させて構成させた場合、

狼 鳴き声 英語 5, Web面接 面接官 注意点 7, アイマス オーディション 裏話 29, 桐生 ココ メンバー シップ 17, Android Dpi 負荷 8, 既婚女性を好きになって しまっ た独身男性 4, 退去 掃除 風呂 6, メルちゃん 浴衣 手作り 6,