ピクシー 構築 剣盾 16

技:ムーンフォース/火炎放射/10万ボルト/瞑想, そのため、よく投げられるアーマーガアやドリュウズのような鋼にも交換読みで火炎放射で致命傷を負わせたり、受けループにも非常に強い。ダイマックスすればそこそこある耐久と火力でダイマックスの打ち合いにも強めなのも良い。, sは一段階上昇でギャラドス帯を抜けるようにしているが、もう少し考えても良い気がする。, 持ち物:アッキのみ ↓ 技:ハイドロポンプ/10万ボルト/悪の波動/悪巧み, 技範囲が優秀で非常に使いやすい。さらに、相手の受けを悪巧みによって強引に崩したり、降参に持って行ったりしたときが非常に気持ちいい。, 持ち物:オボンのみ 上のような主にコータスを展開させてくれない相手は結構きついです。, 【後語り】 特性:型破り アイアント 特性:日照り

どうも、ちゃんなーです。今回は上の構築の紹介記事になります。 上の順位は12/23時点のものです。【構築の経緯】 シーズン初期にマジガ球ピクシーを使っており、非常に強かったので再び使いたい ↓ キレイハナでバトンすれば強いんじゃないか? 相性補完にそこそこ良い水ロトムを採用

パッチラゴン プレイヤーが発信するポケモン対戦専門メディア「Pokémon SoldieR|ポケソル」, 【ポケモン剣盾】PWT#12 優勝!欠伸カビゴンコントロール(寄稿:澤村)【レンタルチームあり】, 数々の非公式オフライン大会で優勝し、環境を牽引する古参プレイヤーの1人。その活躍はシングルにとどまらず、ダブルバトルの公式世界大会『WCS』の国内インターネット予選を突破し、『PJCS2019』にも出場した。, 【ポケモン剣盾】シーズン3 最終32位 鬼火ドラパルト+天然ピクシー(作成者:るどるふ)【構築記事】, 【剣盾シーズン8】ACエースバーン入り先行ダイマックス逃げ切りパ【レンタルチーム】, 【ポケモン剣盾】週末大会準優勝!アローラキュウコン入り積み構築(寄稿:ぶんちん)【構築記事】, 今シーズンで増加した「のろい」持ちのカビゴンは特に、先に「のろい」を積み始めても後出しの鈍いカビゴンを倒す事はできないため、どちらが先に急所にあてるかという最悪なミラーになってしまいます。, 2月12日より配信されたポケモンHOMEに合わせて、特性「てんねん」持ちのピクシーが解禁されました。, 天然ピクシー自体は6世代から存在しましたが、8世代環境においてはこれまで特性「マジックガード」しか存在しなかったために、使い始めた当初は「てんねん」を考慮した立ち回りをされずに簡単に勝てる場面もありました。, 全ポケモン屈指の素早さの高さから「おにび」や「のろい」をばら撒いて起点を作る、パーティの軸となるポケモンです。, トゲキッス意識のチョッキ型ドリュウズは攻撃と素早さの努力値を削って耐久に回したものも見受けられますが、, よって、配分はドリュウズミラーで突っ張った場合に勝てる可能性を高める最速としました。, ここまでドヒドイデなどの受けポケモンにあまり強いポケモンがいないので、「ねっとう」の追加効果があまり痛手にならず、水タイプを「わるだくみ」の起点にできるロトム(水)を採用しました。, 「カゴのみ」+「ねむる」は「あくび」や「どくどく」を絡めた戦術に対して有効で、このポケモンを終点に定めた立ち回りを行います。, 命中85の「おにび」を軸にしているだけあって技外しで不利に陥る場面はもちろんありますが、, シーズン4はキョダイマックスラプラスが解禁し、多くのラプラスが「ぜったいれいど」を持っているであろうことから、積み技で詰ませに行くこの構築は勝ちにくくなることが予想されます。, 【インタビュー】最強プレイヤー・YouTuber バンビー/最上位勢になるための意識と最終順位を上げるコツ【前編】. こんばんは、へるぴん(@helpinass)です。今回はランクマッチシリーズ3最終32位の るどるふ(@copycatpoke)さんから、使用したパーティとその詳細を寄稿していただいたので紹介していこうと思います。, 性能の高いトップメタのポケモンに積み技を持たせ、普段通りの殴り合いだけでなく、ドラパルトの補助を絡めた積み技による詰ませや崩しをも狙っていける、ハイスタンダードなパーティです。, 使用率上位のポケモンに注目すると、「つるぎのまい」「ダイジェット」「わるだくみ」といった強力な積み技を使えるポケモンが多く、実際にシーズン3のパーティは、これら積み技を終点に見据えたものが多かったです。多くのプレイヤーに使われているということは当然パワーが高いということなので自分でも使いたいと考えるのですが、ここで問題となるのがミラーです。, 今シーズンで増加した「のろい」持ちのカビゴンは特に、先に「のろい」を積み始めても後出しの鈍いカビゴンを倒す事はできないため、どちらが先に急所にあてるかという最悪なミラーになってしまいます。そこで考えたのは「おにび」と「のろい」を持ったドラパルトで、「おにび」で物理ポケモンの火力を削ぎつつ、「のろい」居座りを難しくさせ積み合いを許さず、こちらだけが一方的に積み技を使える状況を作れるようにしました。, このパーティは、上記のドラパルトを初手に選出し、裏の高性能積み技持ちポケモンの起点を作って全抜きを狙うのが基本的な立ち回りとなります。, ゴーストタイプ以外のポケモンが使用すると、こうげき、ぼうぎょが1段階上昇、すばやさが一段階下がる。ゴーストタイプのポケモンが使うと、自分の最大HPの1/2を削り、相手の最大HPの1/4ずつ毎ターン終了後に削るという効果になる。一般的にゴーストタイプ以外のポケモンが使う「のろい」を"鈍い"ゴーストタイプが使う場合は"呪い"と表現します。, 2月12日より配信されたポケモンHOMEに合わせて、特性「てんねん」持ちのピクシーが解禁されました。ピクシーは特性で相手の積み技を無効化しながら、自らは「アッキのみ」や「めいそう」によって一方的に能力を上げることができ、積み技環境において非常に強力なポケモンです。, 天然ピクシー自体は6世代から存在しましたが、8世代環境においてはこれまで特性「マジックガード」しか存在しなかったために、使い始めた当初は「てんねん」を考慮した立ち回りをされずに簡単に勝てる場面もありました。しかし、現在は大会やランクマッチにおいても「てんねん」ピクシーを採用したパーティが多く結果を出しているため、今後動き辛くなることは間違いないでしょう。, 次に、超高数値ポケモン且つコンセプトの積み技を持った「のろい」持ちカビゴン、ドヒドイデなどの低速高耐久のポケモンを「わるだくみ」の起点にしやすいロトム(水)をそれぞれ採用しました。これらのポケモンは積んだ後の攻撃と耐久性能が共に優秀で、幅広い範囲を積み技の起点にし、特定のポケモンで止まることなく全抜きを狙うことができます。最後に、ドラパルトが最も隙を見せるトゲキッスに強く出れる「とつげきチョッキ」持ちドリュウズと、ドラパルトが倒れた後に重くなりがちなドリュウズやエルフーンに強いナットレイを採用し、パーティが完成しました。これらのポケモンは常に使用率上位に食い込むポケモン達だけあって、多少の環境の変化で使いにくくなったりすることは無く、安定した強さを発揮します。, HB:火傷状態の142(252)ミミッキュの「いのちのたま」持ち「じゃれつく」+「かげうち」を96.88%で耐えAS:ミラーを意識して残りを振り切り, 全ポケモン屈指の素早さの高さから「おにび」や「のろい」をばら撒いて起点を作る、パーティの軸となるポケモンです。ミミッキュでも同じような技構成が存在しますが、ドラパルトは攻撃性能が補助技重視のミミッキュとは段違いに高いので、場合によってはドラパルトで殴り倒す選択肢を取れたり、こちらの補助技を制限する技「ちょうはつ」に対してリスクを負わせられるのが強みです。ドラパルトミラーは交換で受けようとしても、ダイマックス技や「おにび」によってかなりの被害を受けるそのまま負けてしまいがちなので、居座る選択肢を取れるように最速にしています。, HBD:端数振り分けによる数値向上A:「ダイアタック(つのドリル)」+「ダイスチル(アイアンヘッド)」でダイマックス状態のH4振りトゲキッスを95.7%で突破S:ミラーを意識して最速, このパーティのドラパルトは物理ポケモンには安定した活躍ができますが、特殊技持ちフェアリータイプにはあまり活躍ができず、特に最上位ポケモンであるトゲキッスに大きく隙を見せてしまいます。そこで、「とつげきチョッキ」を持たせることでトゲキッスに強く出れるポケモンとしてドリュウズを採用しました。「とつげきチョッキ」故にコンセプトとなる積み技を使うことはできませんが、このポケモンのダイマックス技はどれも自身の能力を上げることができ、また「つのドリル」によって相手の高耐久ポケモンを破壊する積み技メタの要素も持ち合わせます。, トゲキッス意識のチョッキ型ドリュウズは攻撃と素早さの努力値を削って耐久に回したものも見受けられますが、このパーティはドラパルトを倒された後のドリュウズの処理が難しく、自分のドリュウズが後手を取る前提の素早さにしてしまうと、かなり苦しい立ち回りを強いられます。よって、配分はドリュウズミラーで突っ張った場合に勝てる可能性を高める最速としました。, H:6n(きのみの回復量効率最大の3n且つ「くいしんぼう」が発動しやすい2n)A:11n B:残り振り切りDS:端数振り分けによる数値向上, 8世代に入って「フィラのみ」系統のきのみの回復量が3分の1に減り、特性「くいしんぼう」のカビゴンは少し弱体化を受けた印象ですが、それでも「のろい」+「リサイクル」や「キョダイサイセイ」によって多くのポケモンを突破不可能に陥らせ、詰ませることができます。, カビゴンは耐久に厚く配分したり、「すてみタックル」の反動を嫌って「からげんき」や「のしかかり」を採用した個体も多いですが、ここまで攻撃に努力値を振れば1段階上昇「すてみタックル」で無振りサザンドラを落とせる程の火力が確保できます。相手を素早く倒せるということは、被弾回数が減り実質的に耐久が上がるとも考えることもでき、一考の余地があると思います。, H:「つきのひかり」の回復量は切り捨てのため、効率の良い偶数B:物理ポケモンを起点にできる範囲を広げるため振り切りCDS:端数振り分けによる数値向上, 上述のように、相手の能力が6段階上がっていようがそれを無視して、自分は「アッキのみ」「めいそう」で一方的に耐久と火力を高めていける凶悪なポケモンです。, 物理技主体のポケモンに出して「アッキのみ」を発動させ「めいそう」を積んでしまえば、次のターン相手が特殊技主体のポケモンに交換してきてもピクシーの突破は困難になります。ピクシーは素の耐久自体はあまり高くなく、「アッキのみ」発動前に高火力技を受けると回復が間に合わなくなることがありますが、ドラパルトの「おにび」と組み合わせることで安定して攻撃を受けきることが可能になります。, HB:194(252+)ギャラドスの1段階上昇「いのちのたま」持ち「ダイソウゲン(パワーウィップ)」をダイマックス状態で93.7%で耐えC:「ダイサンダー(ほうでん)」でダイマックス状態のH4振りギャラドスを確定一発S:準速61族抜き, ここまでドヒドイデなどの受けポケモンにあまり強いポケモンがいないので、「ねっとう」の追加効果があまり痛手にならず、水タイプを「わるだくみ」の起点にできるロトム(水)を採用しました。「カゴのみ」+「ねむる」は「あくび」や「どくどく」を絡めた戦術に対して有効で、このポケモンを終点に定めた立ち回りを行います。配分はロトム(水)が有利に動けるカバルドン入りパーティに採用されやすいギャラドスを強く意識したものとしました。, HB:物理ポケモンとの打ち合いに勝ちたいため振り切りS:「ジャイロボール」の火力を上げるために最遅, パーティで苦手なドリュウズを迅速に処理するために「ボディプレス」の採用は欠かすことができず、となると相性の良い「てっぺき」などが採用されているこの技構成が最も性能が高いと判断しました。ドラパルトの刺さりが悪い相手にはこのポケモンを選出し、耐性の良さを活かしたサイクル戦を仕掛けることも可能です。, 初手起点作りのドラパルト+強力な積み技を持つカビゴン、ピクシー、ロトム(水)から活躍しそうな2匹を選びます。数の多いカバルドン+ギャラドス+サザンドラ+ギルガルドのような構築にはカバルドンの「あくび」をピクシーの「ダイフェアリー」で打ち消したり、ロトム(水)の「わるだくみ」の起点にする動きを決めると対戦を有利に進められます。, 受けループに採用されるポケモンに抵抗力を持つのがドヒドイデを起点にできるロトム(水)と「つのドリル」を持つドリュウズなので、この2匹を使って崩していきます。残りの一匹は前の2匹が不利対面を取った際に受け出せるポケモンを相手を見て選出します。, 特殊技主体のフェアリータイプ入り構築にドラパルトの刺さりが悪いと感じる時があるので、フェアリータイプに強いドリュウズを主軸に、炎技を受けられるロトム(水)などを組み合わせてサイクル戦を仕掛けます。サイクル戦はタイプ相性保管が重要であり、ロトム(水)と相性の良いナットレイもこの選出に絡むことが多いです。, 今回はシーズン3で使用した構築を紹介しました。命中85の「おにび」を軸にしているだけあって技外しで不利に陥る場面はもちろんありますが、当たりさえすればポケモンによっては一撃技に等しい痛手を負わせられる強力な技のため、命中率を差し引いても採用をする価値は高いと考えています。数が多いポケモンを採用している関係上、同速勝負が多く発生してしまいますが、「命中を恐れずおにびを撃つ」「同速は突っ張る」と対面ごとの行動をあらかじめ決めていれば、変に悩んでプレイングを変えてしまうより勝率の安定に繋がります。実際に多くの対戦でミラーが発生しながらもある程度の勝率をキープすることができ、最終的には32位を取ることができたため、この考えは間違ってはいなかったと思います。シーズン4はキョダイマックスラプラスが解禁し、多くのラプラスが「ぜったいれいど」を持っているであろうことから、積み技で詰ませに行くこの構築は勝ちにくくなることが予想されます。しかし、また環境に合わせて新たなパーティを組み直し上位を狙っていくので、次のパーティもぜひよろしくお願いします。.

特性:葉緑素 技:ダブルチョップ/インファイト/アイアンテール/龍の舞, 最後に決まったポケモン。タスキによるストッパー性能も高いが、積みエースとしての性能も高い。, 【重い相手】 こんにちは、しゅんくり~む(すんく)です。 ソード・シールドのシングルランクバトルシーズン7で使用した構築です。蜻蛉返りを覚えた襷エースバーンを軸に、ギャラドス・ミトム・ドラパルト・ナットレイ・カビゴンの6体でパーティを組みました。最終レートは2008でした。 【構築の経緯】 ヒヒダルマ ↓ 特性:型破り シーズン初期にマジガ球ピクシーを使っており、非常に強かったので再び使いたい 特殊ATが多いので使ってみたかったルチャブルを採用, 持ち物:命の球 今期はアマガピクシーが少なかったので気にしていなかったが、恐らくこの構築ではアマガピクシーに勝つ術がない。麻痺バグ狙いが一番マトモかもしれない。, 少し重いが、被選出率はそれほど高くなかったように思える。カビゴンやエスバならある程度有利だが単体で安定し辛いので、エスバ・ミトム・ギャラ辺りを絡めて無難に2体以上で処理しに行く。, 少し重い。壁ロンゲに対しては、ミトムの悪巧みを合わせて壁を相殺するか裏にドラパルトを置いてすり抜けで無効化する。尻尾トリックがなかなか厄介でこちらのギャラドスのDM展開を往なされてしまうので、DMを極力温存して上手い具合にエース以外のポケモンに向けてトリックを撃たせる。最悪裏読みをしてトリックされても問題のないポケモンにDMを切る。, 馬鹿重い。十中八九選出されるので、パッチラゴン入りにはエスバ+ドラパルトで選出するようにする。初手エスバパッチ対面は蜻蛉返りを押して、非DMなら@1のポケモンを切り、DMされたらジェット読みで魂のドラパルト引きを決める。何らかの形でトラパが処理されたり、2加速を許すと大体負け。一応ナットでも抗えるが、返しで撃つ技がない。, 少し重いが、エスバギャラドヒドが増えた関係かそれほど個体数が多くなかったのであまり気にしていなかった。エスバで対面処理したり、裏にギャラドスを置いて、フレドラや馬鹿力で拘ったヒヒダルマを起点にしていくような動きを意識した。, 少し重い。対面しているポケモンで削ってギャラドスなどのこちらのDMエースを通して行く形を取ることが多かった。ギャラドスもミトムも通らない裏だと厳しいが、その場合対面DMでリザを往なして裏のドラパルトを通して行く筋を取ると通しやすいように思える。, 少し重い。ミトムが通る場合はミトムを通して行くが、ドヒド+ミトム受けで選出される場合が多いので、ミトムを噛ませにしつつドラパルトを通して行く。身代わりが熱湯を2耐えするので、ドヒド対面で身代わりを残して10万ボルトを連打すると良い確率で勝てる。苦しそうなら最悪DMを切って処理をする。とにかく時間がかかるのでTOD負けにだけは注意。 実数値(努力値):151(204)-x-127-171(244)-127-114(60)

相手次第では、DMギャラドスを無理やり通して行く筋も一応あり得る。, 天然ピクシーが馬鹿重いので、ガンガン読んで細めの勝ち筋を通す。ギャラドスのダイストリームゴリ押しをゴールとして、取り巻きはカビゴンの地割れで葬る。浮いている物理受けと一緒に選出されるとほぼ勝てない。麻痺を入れて滝登りを連打するのも一つの手かもしれない。, 少し重いが、個体数がそれほど多くなかったのであまり気にしていなかった。ギャラドスのパワーウィップで崩すのが正攻法だが、裏にギャラドス受けを用意されることも多いのでカビゴンの地割れ連打で崩していっても良い。ヌオー+浮いているギャラドス受けの場合は、恐らくDMミトムで崩していける。, 少し重いが、こちらも個体数がそれほど多くなかったのであまり気にしていなかった。大体ヌオーと同じだが、こちらはエスバのダイナックルでの崩しが可能な代わりにミトムでの崩しができなくなっている。トドン+浮いている物理受けのような並びが増えるとかなり厳しい。, 構築発案が遅かった関係で考察時間が全く足りず、最終順位を優先した結果僕の使い慣れたポケモンで組んだような構築になってしまいました。, 構築を改善するならナットレイとカビゴンの枠だとは思いますが、正直この2枠だけで構築の穴をカバーし切るのはほぼ不可能なので、アタッカーの選択から変える必要があると思います。, エースバーンの蜻蛉返り展開からの詰め筋が、結局「こちらのDMエースを通す」のみになっているため、高速再生技持ちを組み込んでDM枯らしの最適化+崩し筋をDMに頼る構築に対して受けポケモンで詰ませるような動きができるようにするともっと上手く回るようになるのではと考えています。, 今期はかなりのデフレシーズンということもあり、レートを上げるのに苦戦し続けたシーズンでしたが、最終日になんとか2000にのせることができて嬉しいです。, 今期は不意に夢特性エースバーンが解禁され大荒れとなったシーズンでしたが、その中でコンセプトを持って構築を組み、目標を達成し、こうして構築記事を書くところまで辿り着くことができました。この1か月で、対戦に対する考え方や対戦への臨み方など、以前よりも少しだけ成長できたような気がします。, 最終日の夜中まで潜り続けて対戦してくださった対戦相手のポケ勢の方々、リプライやDMで応援や激励の言葉をかけてくださったみなさん、本当にありがとうございました。, 来シーズンはリアルの関係でお休みする予定なのですが、またシーズン9から、さらに上を目指せるだけの実力が付けられるよう頑張ります。, ということで、シーズン7の構築記事は以上になります。

Displayport Alternate Mode Sh 01l 7, Opencv 3 Install 4, あつまれどうぶつの森 マイデザイン 道 18, Iphone デモ モード 解除 5, 納品書 受領書 複写 4, 無印良品 プレゼント 2000円 5, M1 歴代 2ch 7, Gta5 トレジャーハント 場所 49, インスタ Dm 美容のお仕事 5, 間違えて電話 すぐ切る 方法 5, フォートナイト パーティ セッション 6, Mini エンスト 原因 4, インスタ 文章 印刷 8, Bmw ヘッドライト 結露 保証 7, 京都大学 Mba 社会人 5, Galaxy A50 A70 比較 4, ヒッチメンバー 取り付け トルク 7, 段ボール 円柱 作り方 5, Timesetl キー ボックス 5, ルネサス リストラ 2020 10, 好きな人 近く 大きな声 女性 6, 長野県 私立高校 学費 ランキング 4, Ipad Pro 音量ボタン 5, フェアウェイ ウッド 難しい 4, 髑髏城の七人 鳥 感想 8, ドラえもん 放送時間 北海道 30, N1 漢字 リスト Pdf 4, 漫画 安く読む ネット 5, Tenchi Muyo Ryo Ohki Season 5 Episode 1 28, I Beg You Rar 6, 日東駒専 でも 十分高学歴 5, みんなの 日本語 教案 13, ブルー テック キャンター オイルエレメント 6, アウディ ヘッドライト 結露 4, あつ森 住民 服装 リセット 49, ハングアウト チャット 月 マーク 5, コイン 100 均 5, 30坪 4ldk 2階建て 8, Ah77 H Ssd 20, 勉強 しない 方がいい 7, 仕入 消耗品 違い 11, Laravel Redirect Exit 4, Ssd 未割り当て 表示されない 5, 株式会社 Vis 姫路 5, 10 分 で できる 自学 小 6 39, 225系 増 備 24, 体調不良 担当者変更 メール 4, 太陽 月 合 夫婦 6, サークル 飲み会 行きたくない 5, 日傘 効果 ない 9, ツム 消し 4600 4, Ff14 詩学装備 70 10, カレー 肉を 入れ忘れ た 11, 停電 ドライヤーの 代わり 20, 大正製薬 キャンペーン 500円 29, 数学 1 教科書 答え 数研出版 329 5, ドラクエ10 高額 レシピ 5, カカオ Me 削除 21, モンスター 致死量 何本 24, ピクトリンク 有料会員 Itunesカード 16, 洗面台 2ボウル 価格 7, Thunderbird スレッド ペイン フォント 4, Dell Command Update 必要か 6,