パサートgte 販売 中止 12

ご意見・ご要望 | 法人加盟店募集 | フォルクスワーゲンが、セダン「パサート」とワゴン「パサートヴァリアント」のマイナーチェンジを発表しました。, ディーゼルやPHV(プラグインハイブリッド)もラインナップする新型パサートについて、スペックや価格、燃費などを最新情報からご紹介します。, フォルクスワーゲン・パサートは、ゴルフの上位に位置するブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、現行モデルは質感をアップした内外装が人気になっていました。, マイナーチェンジする新型パサートではデザインをリフレッシュし、最新のインフォテイメントシステムや安全システムを採用するなど、アップデートされています。, フォルクスワーゲン新型パサートには、水平のラインを使用した新世代のデザインが採用されています。, ヘッドライトは最新LEDとされ、オプションで「IQ.Light」と呼ばれるLEDマトリクスライトが設定。, 新型パサートには、ステーションワゴンとなるパサートヴァリアントも設定され、拡大された荷室を利用したレジャーも楽しむことができるように。, また、ヴァリアントをベースとしたクロスオーバーモデル「パサートオールトラック」により、オフロード走行にも対応。, 新型パサートを前モデルと比較すると、より躍動感あるスタイルになっていることがわかります。, 前モデルは上級モデルとしての安定感あるデザインが重視されていましたが、新型パサートではバンパーのラインに抑揚をつけ、スポーティな印象になった前後ライトを装備することで、運動性能の高さが表現されています。, フォルクスワーゲン新型パサートのボディサイズは、セダンと比較してステーションワゴンのパサートヴァリアントの全長が-10mm、全高が+20mmに仕上げられています。, 下位モデルとなるゴルフと比較すると、全長は500mm以上延長され、余裕のある室内空間が魅力のモデルになっています。, フォルクスワーゲン新型パサートの内装は、最新技術を採用することにより上質な仕上げとされました。, インフォテイメントシステムには第3世代「MIB」を採用し、フォルクスワーゲンとして初めて、Apple「CarPlay」によるiPhoneアプリのワイヤレス接続が可能に。, この第3世代MIBは、従来採用されていた「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」から機能が強化され、新デザインのマルチファンクションステアリングホイールのボタン操作で、ディスプレイ構成のカスタマイズに対応。, インフォテインメントシステムにはSIMカードが標準で付属し、インターネットへの常時接続を実現。, リアルタイムの交通情報をナビゲーションに反映させるほか、ミュージックストリーミング、インターネットラジオ、最新の音声認識システムも導入。, スマートフォンを車両の「モバイルキー」として使用することもできるようになっています。, フォルクスワーゲン新型パサートのパワートレインには、1.4Lのガソリンとプラグインハイブリッド、2Lのガソリンとディーゼルがラインナップされています。, 2Lディーゼル「TDI」エンジンには、ターボチャージャーのタービン側に可動式ガイドベーン(排気ガスの流れを可変制御)を採用。低回転時には排気の流速を上げて過給効率を高めるほか、高回転時には開口面積を大きくすることで抵抗を減少しています。, プラグインハイブリッドモデルとなるパサートGTEは、バッテリーの蓄電容量を従来の9.9kWhから13kWhへ3割大容量化。, これによりEVモードの航続は、欧州値で従来の最大50kmから70kmへ、4割アップされました。, フォルクスワーゲン・パサートは、注目度の高さから多くの試乗動画が公開されています。, フォルクスワーゲン新型パサートの燃費は、1.4Lガソリン、2Lディーゼル、プラグインハイブリッドモデルで20km/L以上の低燃費が実現されています。, プラグインハイブリッドモデルは、充電電力を使用することで燃費値をさらに高めることができ、電気モーターのみでのEV走行も可能となります。, フォルクスワーゲン新型パサートには、最新の先進運転支援システムブランドとして「IQ.DRIVE」が導入されました。, 「IQ.DRIVE」には、新開発の部分自動運転システム「トラベル・アシスト」が装備され、0-210km/hの幅広いスピード領域で部分的な自動運転に対応。, これまで採用されていた「トラフィック・ジャムアシスト」の対応速度40km/hまでから、大きく進化しています。, その他、新型パサートでは、静電容量式センサーを備えたステアリングホイールを世界で初装備することで、ドライバーが正しくステアリングホイールを握っているかどうか検知し安全性を向上。, 「緊急ステアリングアシスト」では、ブレーキによって回避操作を行う場合の安全性がアップされています。, アップ幅は20万円前後とみられ、安全システムが標準装備される上位モデルで価格が変更されます。, マイナーチェンジした新型パサートは、2019年3月に開催されるジュネーブモーターショーで一般公開後、2019年6月に欧州で発売される予定です。, 日本発売日は2019年後半になるとみられ、先に改良されたゴルフやポロとあわせてアピールされます。, 【VW新型ゴルフ7最新情報】GTIダイナミック日本発売!GTI TCRやハイブリッド、ヴァリアントやゴルフRの燃費、価格は?, 【VW新型ポロ最新情報】ポロGTI日本発売!フルモデルチェンジで価格や燃費、サイズは?, フォルクスワーゲン・パサート(Passat)は初代が1973年に登場したミドルクラス(Dセグメント)のセダンとステーションワゴンです。, パサートの車名の由来は、他のフォルクスワーゲンにも多い風の名前となっており、ドイツ語で貿易風を意味しています。, 初代は1960年代後半、長期間主力車種になっていたビートルに代わる新世代車を模索し開発がスタートされ、車体のデザインはジョルジェット・ジウジアーロが担当。, アウディでも姉妹車を販売していたことで、後輪駆動車に多く採用されるエンジン縦置きのレイアウトでしたが、前輪を駆動することでコストをダウンし室内空間を拡大。, その後アウディと姉妹関係の解消と復活を繰り返し、エンジンのレイアウトは1988年登場の3代目は横置き、1997年登場の5代目で縦置きに。2006年登場の6代目ではフォルクスワーゲンの下位モデルであるゴルフと基礎を共有することで横置きになりました。, 現行モデルの8代目は2015年に登場し、フォルクスワーゲンの新世代モジュラープラットフォーム「MQB」を採用することで性能を向上。, ガソリンとディーゼルエンジンのほか、ゴルフに続くPHV(プラグインハイブリッド)モデルとなる「パサートGTE」をラインナップし、多彩なパワートレインから選択できるようになっています。, 新型パサートについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 [カービュー] - 自動車総合情報サイト トップへ, carview!はYahoo! フォルクスワーゲンが、セダン「パサート」とワゴン「パサートヴァリアント」のマイナーチェンジを発表しました。 ディーゼルやphv(プラグインハイブリッド)もラインナップする新型パサートについて、スペックや価格、燃費などを最新情報からご紹介します。 現在位置: フォルクスワーゲンのパサートなどにあるGTE... フォルクスワーゲンのパサートなどにあるGTEと言うグレードと言うかそれが日本で生産中止になるのですか?, 「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。, カタログ-新型車、旧モデル 総合情報 トップへ |  フォルクスワーゲン、PHEV第2弾「パサートGTE」「同・Variant」販売開始 . お探しの情報をお選びください。またはスクロールして、パサートの特徴を見ることもできます。, Passatの特徴をみる低金利キャンペーンはこちらカタログリクエストはこちらよくあるご質問, あらゆるラインに意味をもたせ、光と影の相互作用により見るものに強い印象を与えるPassat。 洗練されたその造形は、まさしく時代に足跡を残すデザインと言えるだろう。, 伸びやかな空間を満たす圧倒的な静けさ。つねに滑らかな路面を走っているかのような乗り心地。Passatの快適さ、それは上質な時間となって乗るすべての人を包み込みます。, 静かに時を刻むアナログクロックを中心に、左右へ伸びるデコラティブパネルが美しいシンメトリーを創出。高品質な本革を使用したステアリングやシフトノブの感触と相まって、五感に響く上質な空間を生み出します。, 鋭く切り立ったヘッドライト左右からリヤエンドまで、一直線に伸びるキャラクターライン。光を受けることで様々に表情を変化させる面と、 緻密な輝きを放つ線が織りなす表現豊かなサイドビュー。力強さを感じさせるショルダーラインとフェンダーアーチの筋肉質な造形。まるで クーペを思わせる美しいルーフラインが、街角に佇むときにもしなやかな 走りを予感させます。, トランクルームは約586ℓ*という大容量を確保。旅行用の大きなスーツケースも余裕で積載でき、通常サイズのゴルフバッグなら4個まで積み込めます。また後席は分割可倒式シートを採用。トランクスルー機能も備えており、さまざまなアレンジが可能です。, *ISO測定法による。数値はドイツ公表値。※数値は欧州仕様での比較となります。, コモンレール式燃料噴射システムと可動式ガイドベーン付ターボチャージャー、さらに低圧タイプEGRシステムを採用することで2.0ℓガソリン車並の140kW(190PS)のハイパワーを発揮するとともに、最大トルクにおいては圧倒的に上回る400Nm(40.8kgm)のトルクフルな走りを実現。また最先端の排気ガス浄化システムにより、世界的にも厳しいと言われる日本のポスト新長期規制にも適合しています。TDI Eleganceline、TDI Highline に搭載, R-Lineに搭載される2.0ℓ TSI®エンジンは、燃料直接噴射に加えマルチポイント噴射を備えるデュアルインジェクションシステムを採用。さらにシリンダーヘッドとエキゾーストマニホールドの一体化や、エンジン内部のフリクションの低減など数々の先進技術を投入し、最高出力162kW(220PS)、最大トルク350Nmの優れたパワーを発揮します。最大トルクは1,500-4,400rpmという広い回転域で発生。発進した瞬間から力強く伸びやかな加速を実現します。, 小型の水冷式インタークーラー付ターボチャージャーを搭載した「直噴+過給」システムのパワーユニットは、5,000~6,000rpmで110kW(150PS)の最高出力を、また1,500~3,500rpmで250Nm(25.5kgm)の最大トルクを発揮。さらに一時的に2気筒を休止させるアクティブシリンダーマネジメント(ACT)の機能が合わさることで、低回転域からの自然なレスポンスでの走りを優れた燃費とともに実現します。, TSI Trendline、TSI Eleganceline、TSI Highlineに搭載, 先進装備をシンプルでみんなにとって使いやすいカタチに。フォルクスワーゲンの想いは、こんなところにも息づいています。, 普段、使い慣れているスマートフォンやタブレット。その魅力は大きな画面と、シンプルで直感的なタッチ操作ではないでしょうか。そんないつもの使いやすさを、手の届きやすい場所に9.2インチ大画面で実現したのが先進のインフォテイメントシステム“Discover Pro”*1です。しかもデジタルメータークラスター“Active Info Display”*2と組み合わせることで、視線をずらすことなく目の前にナビや音楽などさまざまな情報を表示したり操作することを可能にしました。, *1Highline、R-Lineに標準装備 Elegancelineにオプション設定*2Highline、R-Lineにオプション設定, 従来のアナログ型に代わるTFT12.3インチ大型ディスプレイによるフルデジタルメータークラスター。高解像度ディスプレイには速度計とタコメーターに加え、好みに合わせて数種類のモードから選択したグラフィックを表示できます。ナビゲーションモードを選択した場合は、左右のメーターが通常モードより小さくなり、さらに脇に移動して画面中央に“Discover Pro”と連動したマップをより大きくワイドに映し出します。, 9.2インチ大型全面タッチスクリーンを採用。従来のナビゲーションシステムの域を超える、車両を総合的に管理するインフォテイメントシステムです。全面タッチスクリーンにより、まるでスマートフォンのように画面上を軽くタッチするだけで反応します。大画面の特徴を生かし、3つの画面を同時に表示させることも可能です。, Highline、R-Lineに標準装備 Elegancelineにオプション設定, タッチスクリーンに触れることなく、手のひらを画面にかざして左右にスワイプするだけでラジオ選局などの操作を行えます。視線や運転姿勢を変えずに、 手のジェスチャーで快適に画面操作が可能です。, ジェスチャーコントロール操作が可能な画面(操作内容):MENU画面(メニューのページ切替)、ラジオ画面(局変更)、メディア画面(アルバム変更、曲変更), たくさんの「安全」を標準装備したパサートが、あなたのカーライフをより快適で楽しいものにします。, フォルクスワーゲンでは、すべてのクルマに世界トップレベルの安全技術を標準装備。予防安全・衝突安全・二次被害防止の3つのステージで総合的に危険を回避する数々の技術を搭載しています。, 全速度域*においてレーダーで前方の車両との距離を検知。衝突の危険を検知するとブレー キシステムをスタンバイし、警告音と警告灯でドライバーに注意喚起を促します。それでもドライバーが回避操作を行わない場合やドライバーによるブレーキングが不十分な場合、システムが介入し自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。また、時速45km未満での走行中には歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能が作動。レーダーとフロントカメラが連携し車両だけでなく歩行者も検知し、ドライバーが回避操作を行わない場合やブレーキ操作が不十分な場合、システムが介入し自動的にブレーキを作動させ危険を回避、あるいは追突の被害を軽減します。, *プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”が“ON”の時、時速約5km以上で前方の交通状況を検知します。, クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせたシステムです。高感度なレーダースキャンにより先行車を測定。あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行い、一定の間隔を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。またこのシステムは渋滞などの低速度域でも作動し、先行車が完全に停止するまでの範囲で制御が可能*。作動状況はメーターディスプレイで視覚的に確認できます。, *本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。※起動速度:30km/h以上 作動速度:0km/h以上, 縦列駐車・車庫入れの駐車時に、駐車可能スペースの検出とステアリング操作を自動で行い、駐車をサポートするシステムです。さらに縦列駐車からの発進の際も、同様に車両が自動でステアリング 操作を行い発進をサポートします。ドライバーはシステムのガイドに従い、アクセル、ブレーキ、シフト操作を行います。, カタログ冊子をあなたのお手元にお届けいたします。手にとってじっくりご覧になりたい方は下記リンクよりお申込みください。PDF形式でサンプルをご覧いただくことも可能です。, ※掲載モデルのカラーやグレードは、在庫次第で販売が終了となるものもございます。詳しくは正規販売店までお問い合わせください。, 世界で、日本で、愛され続けるフォルクスワーゲンの魅力を試乗で体験しませんか?あなたの目で、手で、全身で確かめてください。, 4個のキャディバッグも収められる余裕の大きなラゲージスペース。パサートTDIがあなたの快適なゴルフライフをお約束します。, ゴルフバッグの積載数や気になる安全・快適装備の数々を、ゴルファー目線でご紹介します。, ゴルフライフを快適にするパサート ヴァリアントの魅力を『ゴルフダイジェスト・オンライン』がご紹介します。, Arteonには、あなたのゴルフライフをより快適にする魅力がたくさん詰まっています。, ※本ページ掲載写真は日本仕様のモデルと細部で異なる場合があり、一部イメージ画像も含まれます。※本ページ掲載写真のモニター画面はイメージです。※Passat TSI Trendline、TSI Eleganceline、TSI Highlineは完売となったため、販売終了しました。※Passat 2.0TSI R-Line、TDI Eleganceline、TDI Highlineは店頭販売分のみで販売終了します。, クラスの基準を超えた広く快適な室内空間に。細部まで徹底してこだわり抜いた品質の高さに。美しい陰影を描き出すキャラクターラインに。かつて体験したことがないほどの上質な乗り心地に。これまでの概念を覆す新しいセダンの到来を確信するだろう。モバイルオンラインサービス, プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist” (歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付), ひと目で視線をキャッチする、スポーティ感あふれる2.0TSI R-Line専用エクステリア。TSI Highlineの装備をベースに、足元を引き締める19インチアルミホイールや、フロント&リヤバンパー、サイドスカートといったR-Lineならではの専用パーツを装着。またブラックを基調とした室内には、ドライブ感覚をよりシャープにする専用レザー3本スポークステアリングや、高級感とスポーティ感を演出する専用ツートンナパレザースポーツシートを装備しています。, Passatの持つ価値を余すことなく享受できるモデル。インテリアでは肌触りや質感にこだわったナパレザーシートに、ヒーターやベンチレーション、マッサージ機能などを装備。ウッドパネルやピアノブラックの煌めきが室内を優雅に演出します。さらに、ボディを取り囲むように施されたクロームストリップとLEDヘッドライトがエクステリアをスタイリッシュに演出。18インチアルミホイールを標準装備し、よりスタイリングを引き立てます。, クロームラインを効果的に配したエクステリアには、専用のLEDヘッドライトをはじめ、UVカット機能付ダークティンテッドガラス、LEDテールランプを装備。足元はスポーティな印象の17インチアルミホイールを標準装備。 ブラックを基調としたインテリアにはアルカンターラ&レザーシートとアルミニウムデコラティブパネルを採用。充実した装備で、エクステリアからインテリアまで Passatならではの洗練された上質感を味わうことができます。, Passatが発信するドライビングプレジャーを、より身近にしたモデルがTSI Trendlineです。数多くの安全機能を標準装備し、スタイリッシュなシルバーデコラティブパネルが演出する室内や美しいフォルムが歓びをもたらします。 また“App-Connect”対応の“Composition Media”で、スマートフォンのナビゲーション機能をセンターコンソールのディスプレイ上で操作することができます。.

パチンコ 出玉速度 規制 4, 高校生 塾 何時間 11, ツムツム 雪の女王エルサ 出ない 23, 手術 親 同意 13, 転写シート 印刷 コンビニ 4,